FC2ブログ

メニューへ移動する


Home >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト

Home >> toshokan >> behave like a baby

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

behave like a baby


「駄目、ちょっと休憩・・・」

そう呟くと、柴崎はその場にへたり込んだ。


 
 

 
behave like a baby

 




 
 
柴崎麻子が右足を複雑骨折したのは1週間前の話である。
ありていに言うと、脚立にのっているときに、何十冊という本が降って来て、そのまま脚立と本の下敷きになったのだ。

この程度の怪我で済んでよかった、

というのが自分の見解だが、
図書隊でも人気のある柴崎麻子である。

その情報は右往左往に点々自在に流れた。
 

 
  


  
 
 
そんなわけで、入院生活一週間目。
一向に見舞い客の客足が途絶える気配はない。

いくら社交家の柴崎といえども、
毎日何十客との会話は心身ともに疲れており、

今も、面会時間締め切りの20分前にきた同僚を
病院の玄関口まで見送ったあとである。


流石に今日はもう客も来ないだろう、
と、とりあえず待合室の椅子で、一息つけた。

10分ほどして、ようやく病室に戻るために重い腰をあげ、
エレベーターにむかおうとしたところ
見慣れた顔がガラス越しに横切り、思わず隠れてしまった。


 
それは柴崎に好意をよせているであろう、後輩の男の子達だ。
正直、今日はもう笑顔を作ることすらしんどい。
 
 
 
 

 
 
 
 
ごめんね、と心の中で謝って、反対方向の階段へむかった。
柴崎の部屋は4階だ。
骨折してるとはいえ、リハビリを兼ねての距離としては、まぁ許容範囲だろう。



 
 
 
 
 
 

そうふんだのだが見事に間違っていた。 
 
 
 
 
 
 
 
 

「駄目、ちょっと休憩・・・」

  

20分かけて2階の踊り場まで上がって、そのまま階段にへたり込んだ。

思った以上に不自由な足は、前後にうまく動かすことすらままならない。


体力が復活してから登ればいい。
そう思って、そのまま休憩体制にはいった。
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 


それから何分たっただろうか。



 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


「お前、何やってんの。」 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頭上から降ってきた声は顔を見ずともわかった。
 
 
私、自分で思ってる以上にコイツのこと好きなのかも。




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「遅いわよ、手塚。」 

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


「どっちがだよ。
病室で待ってても全然帰ってこねーし。帰ってきたと思ってたら、お前んとこの後輩だし。」


 
 
 
 
 

知ってる、と口に出してそのまま顔を膝にうずめた。
 
 
 
 
手塚とは完全に入れ違いになっていたらしい。
いつの間に、見舞いなんか来てたんだか。
 
 
 
 
 
「動けねえの?」
そう言いながら軽い足取りで階段を下りてくる。


手塚を見上げて、
ガチガチに固定しているギプスを軽く小突いた。
 
 
 
 
 
 

「足、痛いのよ。怪我してるから。」

  
 

「当たり前だろ。無茶すんなよ。」

 
 
 
 


そうして目の前に来た手塚に、柴崎は躊躇なくその両腕を伸ばした。
 
 
 
 





苦笑しつつ、手塚は自身の腕を柴崎の方へ伸ばし、そのままひょいと抱き上げた。


抱き上げる瞬間、軽く唇に触れるだけのキスを落とす。
その後、手塚の眉間には皺が寄った。
 
 
 
 
 
「・・・・・・・・・熱あるんじゃねぇか?」
 
 

「んー、そうかも。なんか身体もだるい。」
そういいながら柴崎はもぞもぞと、
自分のおさまりの良い位置を探して手塚の首に腕をまわした。
 

そうしておさまった柴崎をもう一度抱えなおし、
手塚は階段を上がり始めた。
 
 
 
 
  
 
 

 
 
 
  
「心配させんな。」


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

階段には手塚の足音と、苦笑交じりの独り言だけが響いた。 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
******************

 
 
 
一応、手柴読みたいです!
って方のキリリクだったんですけど・・・・・・・・











 
 
・・・・・・・手柴?
 
 
 
 


久々アップがこんなのですみませんー!!(涙) 
 
 
 


スポンサーサイト




ページ先頭へ戻る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。