FC2ブログ

メニューへ移動する


Home >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト

Home >> toshokan >> 班長の苦悩

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

班長の苦悩


  



朝は目覚まし時計と携帯のアラームで起きるようにしている。



しかし今日は目覚ましでもなく、携帯のアラームでもなく、
その設定時間より1時間も早く電話の着信音で起きた。

いや、なんとなく電話に出て、『叩き起こされた』というのが正解かもしれない。





「堂上教官ですか?!」





誰からの電話かすら気にもせず、第一声で文句を言ってやろうと思ったその矢先、

自分が言葉を発するより先に相手に越された。  
 
 
 

 
 


班長の苦悩
 

 
 
 
 
 





電話の相手は、よく言って「純粋」、「素直」、悪く言って「放っておくと何をしでかすか分らない」という心臓に悪い部下である。


しかし、いくら向こう見ずの部下であったとしても、時と場合は心得ている人間だ。
こんな早朝から電話してくるなんてよっぽどのことがあったに違いない。




「笠原!?どうかしたのか??」




まだ半分眠っていた思考を呼び覚まし、最悪の事態を想定し、自分の能力を最大限に引き出す。

どうやら電話の相手はパニックしているのか、しどろもどろで早口だ。何を言っているのかよく聞き取れない。


とりあえず落ち着け、と言葉を促すと、




「今日、有給とってもいいですか?」 だ。





仕事熱心な部下のことだ。いきなり有給を使うなんてことは今まで一度もなかった。
もしかしたら身内の不幸か何か、か。
この部下は、身内と色々とわだかまりが残っていることを自分は知っている。




「・・・・・何があった?」

一息おいて聞いてみる。





あいかわらずよく聞き取れないが、どうやら体調が優れないらしい。
 
 

「具合が悪いんだな?」
 
 
 
 
そう聞いても相変わらずしどろもどろだ。

仕方なく「しっかり話せ。」と声をかけると、ようやく腹を据えたのか



「生理痛が酷くて、ほんと、枕から頭も上がらないくらいで、死にそうなんで病院いってきます!!!」 
 
 
 


と一息にまくしたてた。
 
 


アホか貴様!と言いたいところをぐっと我慢する。
最悪の事態まで想定した自分に少し泣けてくるが、彼女には一大事なのだろう。
 
 
 



 
 

「・・・・・・行って来い。」
 
 
 

それだけで電話を切って、時間を確認する。


 

 
起床時間まであと1時間。



 

 
 


もう眠くはなかったが、無理矢理ベッドにもぐりこんだ。
 
 
 
 
 











 
 
 



***********

拍手お礼でした。

『内乱』の郁ちゃんサボり口実ネタ(笑)p.121



 
 
堂上教官は玄田隊長と郁ちゃんにガンガンに振り回されるといい。
「生理痛です!」と勢いで電話を切る郁ちゃんを描こうかどうか迷ったんだけど、堂上班長を主役にしたかったので、こんな流れに(笑

 
 
 

・・・・・・・・・ウチの班長は寿命が短そうだ。
ちなみにコレの保存ファイル名は『堂上のフテ寝』だったりする(苦笑) 
 
 

・・・・・・・・・ウチの班長はホント、寿命が短そうだ。
 
 

8月27日 アップ
8月30日 改

スポンサーサイト


Comment

Comment form
 ※コメントの修正・削除の際に必要です

管理者のみ読めるようにする




ページ先頭へ戻る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。