FC2ブログ

メニューへ移動する


Home >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト

Home >> Short Story >> スパイス

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパイス


それはいつかきっと、
極上のスパイスになるから。
 
 




SPICE

 



 
 


「泣かない人」というのは損だと、僕は思う。


自分の知人に1人そういう人物がいるが、

別に
 

泣かない
 

とか
 

泣けない
 

とか
 

人格破綻とか人でなしとかそういう問題ではなく(限りなく人でなしには近い気もするが)、

ただそういう感情の振れがないのだろう。
 
 
 

同じ事を思っても、

涙を流してそれを表現する人種と、
涙を流さずにただ心の中でそれを噛み締める人種があって、

きっと彼は後者なのだと思う・・・・多分ね。
 
 

断言できないのは、ここでいくら推量しようが真実はわからないし、
もしかしたら彼は本当にそういう場面に出会っても、
何も感じずぴくりとも心を動かさないのかもしれないから。



彼の近しい人物であろう僕からすれば、
できるならそれは外れてほしいパターンであるのだが、これはどうすることも出来ないことでもある。







それでも。
 
 
 
 
 

涙を流せない人は損だと思う。







 
 
 
 


涙を流した後にみた空は、とても綺麗で。
 

涙を流した後にみた街並みは、凄くと繊細で。
 
 
涙を流した後に感じた風は、少し冷たいけれど。
 

涙を流した後に紡ぐ言葉は、どれも真実だから。
 






だから、




涙を流した後の笑顔は、きっととても素敵だと思うのだ。











―――――涙を流した理由がなんでも、
  それはきっと極上のスパイスになるから。―――――






悲しくても、
 
嬉しくても、
 
寂しくても、
 
怒っていても、



人は涙を流せるのだから。














―――――やっぱり損なんだよ―――――















だからいつか、


いつか君も。

 
 
 
 
 
 



**********************
 
 
 
 
 
 


偽りなんて求めない。
求めているのは真実だけ。

たとえ、感情を共用できなくても、
他の何かで感情を吐露できるのならそれでも構わないとは思う。



他人に涙を求めても、
それは結局自己満足にすぎないことは充分に理解しているから。

 
 






すべて



ウラハラ。
  
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 


―――――泣かないんじゃない。
                泣けないんだ。―――――


 
 



スポンサーサイト


Comment

Comment form
 ※コメントの修正・削除の際に必要です

管理者のみ読めるようにする


Trackback

このエントリーのトラックバックURL
http://sarasroom.blog109.fc2.com/tb.php/13-5de9fea4
引用して記事を書く(FC2ブログ用)




ページ先頭へ戻る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。